睡眠薬入手方法

睡眠薬の入手方法

*

薬の個人輸入は合法です

      2017/01/19

tumblr_m4hck26EJ11r87pi9

お薬を、しかも睡眠薬を個人輸入するなんて大丈夫?と疑問に思われる方も多いかもしれません。

大丈夫です。個人輸入は法律的に何の問題もありませんし、代行業者を利用することも問題ありません。

その証拠として、税関のサイトを見てみましょう。

http://www.customs.go.jp/tetsuzuki/c-answer/kojin/3001_jr.htm

個人輸入についてはっきりとした定義はありませんが、一般的には「外国の製品を個人で使用することを目的として、海外の通信販売会社、小売店、メーカーなどから、個人が直接購入すること」といわれています。

個人輸入の形態としては、
輸入者自身が購入したい品物を直接、外国の通信販売会社、小売店、メーカーなどに注文して、そこから直接購入する方法
輸入代行業者に注文して、その代行業者を通じて輸入する方法
などがあります。

と、書かれています。

問題は内容物が睡眠薬であるということですが、これも税関のサイトを見てみましょう。

http://www.customs.go.jp/tetsuzuki/c-answer/imtsukan/1806_jr.htm

医薬品・医薬部外品・化粧品・医療用具は、薬事法の規定により、厚生労働大臣の輸入販売業の許可を受けた者でなければ、業として輸入してはならないと定められています。
個人が自分で使用するために輸入する場合は、製造販売業の許可を受けていなくても、規程の範囲内であれば輸入することができます。具体的な範囲は以下のとおりです。
なお、個人使用として輸入した製品を、他人に売ったり譲ったりすることは認められません。

○医薬品及び医薬部外品
1)外用剤(毒薬、劇薬及び処方せん医薬品、バッカル錠、トローチ剤及び坐剤を除く)
・ 標準サイズで一品目につき24個以内
2)外用剤以外の医薬品・医薬部外品
・ 毒薬、劇薬または、処方せん医薬品:1ヵ月分以内
・ その他の医薬品・医薬部外品 :2ヵ月分以内
なお、自己判断で使用すると重大な健康被害を生じるおそれがある医薬品は、数量にかかわらず医師による処方が確認できない限り、一般の個人による輸入は認められません。

上記のとおり、処方箋医薬品も1か月以内の分量であり、個人使用する分には何の問題もありません。

ただし、自己判断に使用すると重大な健康被害を生じるおそれのあるものは輸入できないと書いてあるところから、比較的短時間型の薬(ルネスタやロゼレム)に限られているのかもしれません。

自分で利用してみて安心できた個人輸入代行業者を載せておきます。

 - 睡眠薬入手方法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

海外ジェネリックどれを選ぶ?

  個人輸入代行業者のサイトに行くと、「海外ジェネリック」のような言葉 …

眠剤は何科でもらうか

  何科に行けば良いか もっともシンプルな睡眠薬の入手方法は病院で処方 …

ルネスタのススメ

ルネスタの入手は可能ですが、医師の管理の元でなければ危険もあります。まずは睡眠サ …