睡眠薬入手方法

睡眠薬の入手方法

*

お酒と睡眠薬を一緒に飲むとどうなる?医者は教えてくれない話

      2017/01/19

500x500xlifestyle-poor-sleep-leads-to-alcohol-and-drug-addiction-lifestyle--2-61757-61757-drink-alkohal-sleep-2_jpg_pagespeed_ic_555GeDvmSa

よくある質問に

「お酒と睡眠薬を一緒に飲んでいいですか?」というものがあります。

医者にきくと、決まってこう返答されます。

「よくありません」

薬の本や薬の説明書きにはしっかりと「アルコールとの併用は避ける」と明記されています。

今のようにリスク管理を厳しく言われる中、敢えて「OK」を出す医師はほぼいないと言えるでしょう。

しかし、個人輸入で睡眠薬を手に入れる場合、全ては自己責任となります。

簡単な原理くらいは知っておいても損ではありません。

どうしてお酒と睡眠薬の併用を避けねばならないのか

簡単に言えば、お酒と睡眠薬互いの効果を強めてしまうからです。

お酒はアルコールという薬物です。

嗜好品とは言え、肉体にとってはお薬となんら変わるところはありません。

脳に作用し、肝臓で無毒化されて体の外へ排出されます。

睡眠薬も同じ経路をたどりますから、2種類の薬物を同時に摂取したことになります。

身体の同じような場所に2種類の薬が作用すると、どちらの作用も増強される結果になります。

(ここでの作用は効果・副作用の両方を指します。)

前に書いたような記憶障害(これはアルコールでも起こりますよね?)や、ふらつき、その他様々な症状が普段以上に現れます。

第一にこのことが予期せぬ事故に繋がりますので、「併用は避ける」となっているのです。

もちろん、年齢や持病などで身体が弱っている場合は言わずもがなです。
もうひとつ言えばアルコールは薬物としてしてみた場合、睡眠薬としてはあまり優秀とは言えません。

睡眠薬は下記からどうぞ。
>>ロゼレム8mg (Rozerem)

>>ベルソムラ(Belsomra)20mg

 - 睡眠薬の注意点 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

関連記事はありませんでした